般若心経おばば的訳



とても楽になれる方法を教えましょう

誰でも幸せに生きる方法のヒントです。


肩の力を抜き楽になりましょう。

苦しみも辛さもすべては幻です。

安心してください。


この世は虚しいものです。

痛みも悲しみも最初から空っぽです。

この世は変わりいくものです。


苦を楽に変えることだってできます。

汚れることもあれば背負い込むこともあります。


だから抱え込んだものを捨ててしまうことだってできるはずです。

この世は心の持ち方ひとつで

どうにでも変わります。


苦しみとか病とか、見えるものに支配されないで下さい。聞こえるものにこだわらずしがみつかず、味や香りは人それぞれです。揺らぐ心にこだわってはいけません。それが「無」と言うことです。


生きていればいろいろあります。辛いものを見ないようにするのは難しいです。


でも、そんなものはその場に置いていけばいいのです。


先のことは誰にも見えません。無理して照らそうとしなくていいのです。


見えないことを楽しんでください。それが生きている実感です。

正しく生きるのは確かに難しいでしょう。

でも、明るく生きる事は誰にでもできるのです。


菩薩として生きるコツがあります。

苦しんで生きる必要はありません。

楽しんで生きる菩薩になりましょう。


全く恐れを知らなくなったら大変なことになってしまいますが、適度な恐怖だって生きていくのには必要なことです。


勘違いはしてはいけません。

無慈悲になれと言っているわけではありませんよ。


むしろ夢や空想や慈悲の心を忘れてはいけません。


それができればニルヴァーナはどこにでもあるのです。


生き方は何も変わりません。ただ受け止め方が変わるのです。心の余裕を持てば誰でもブッダになれるのです。


この般若を覚えておきましょう。短い言葉です。意味なんて知らなくていいのです。細かい事はいいのです。苦しみが小さくなったらそれで最高です。


嘘もデタラメも全て認めてしまえば苦しみはなくなります。

そういうものなのです。


今までの前置きは全部忘れてしまってもいいです。でもこれだけは覚えておきましょう。


気が向いたらつぶやいてみましょう。

心の中で唱えるだけでいいんです。

いいですか、しっかり聞きましょう。


「唱えよ、心は消え、魂は静まり、すべてはここにあり、全てを超えたものなり。」

「悟りはその時叶うでしょう。全てはこの真言に成就します。」


「今、ここに」生きる人たち

心配しないでください。

大丈夫です。

幸いあれ。

IMG_9030.PNG
  • mixi
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • instagram-guide-001

営業時間 13:00~20:00

 月曜日おやすみ(他不定休あり) 

©Wix.com で作成しました。